Mr.Greenのベジライフ

地球のために、平和の為に、ハッピーなべジタリアンライフを伝えたい!

スポンサーリンク

ワタミの赤字に思う事

スポンサーリンク

ワタミが126億円の最終赤字になりそうですね。

すき家などのゼンショーも苦戦してます。

安かろう悪かろうの時代が終わったという事でしょう。

とりわけ外食などの娯楽の要素を含むものは、良いもの、美味しいものを食べたいという方向に変化してきている。

いい事ではないでしょうか。

もっと体に、環境に、地球に、良いものをという方向になればもっといいと思う。

一人一人が変われば世界が変わります。

昔はワタミゼンショー吉野家マクドナルドもみんな大成功でした。

それぞれの社長が連日雑誌やネットや本で成功した経営者してとりあげられていた。

時代が求めてたし、一人一人が求めていた。

誰も今の姿を想像していなかった。


スーパーに行けば同じ食材でも安いものと高いものがある。

そこには理由がある。

外国産の食材の方が国産より安い。

肉でも、果物でも、野菜でも。

輸送費がかかるのに。

そこには当然不自然なカラクリがあるからだ。

農薬による大量生産

遺伝子組み換え作物による大量生産

森林やアマゾンを破壊して作る大量生産

発展途上国を無視して自分たちの利益のみを追求した大量生産

ニ秒で安いものに手を伸ばす前に、考えてみてほしい。

安いものを人々が求めすぎるから、安くする為に大量生産が必要になり、大量生産する為に農薬や遺伝子組み換えや広大な土地が必要になる。

ニーズが変われば供給する者は変わらざるを得ない。

一人一人の普段の食事や買い物で世界は変えられる。



スポンサーリンク