Mr.Greenのベジライフ

地球のために、平和の為に、ハッピーなべジタリアンライフを伝えたい!

スポンサーリンク

キャリーオーバー 添加物に関する恐ろしい法律

スポンサーリンク

添加物のキャリーオーバーって知ってますか?

 
キャリーオーバー?
 
ロト6?
 
って感じじゃないですか?
 
これすごく怖いんですよ。
 
食品添加物のキャリーオーバー
=食材の持ち越される添加物
 
つまり
 
表示義務のない添加物。
 
ある食品を作るのに使用した食材に入ってる添加物に表示義務がないんです。
 
例えば、
 
せんべい作るのに使った醤油に保存料
パン作るのに使ったマーガリンの保存料
 
などなど。
 
これを利用して、直接その主たる材料に添加物を使用しないで、各種原材料に使っている食品や食品会社は多い。
 
そうすれば成分表に書かなくていいから消費者受けが良い。
 
一見添加物少なく健康そうに見えるから。
 
ううぅぅ。。。
 
それだけじゃないんです、添加物を守る法律は!
 
量り売りやその場所で小分けにして調理販売するものには、添加物の表示義務がない!
 
極端な例を挙げれば、調理しないで冷凍食品として売るコロッケは保存料を書かなければいけないけど、同じものをスーパーや惣菜店で揚げて売る場合は表示義務がない。
 
騙されてる。。
 
スーパーや惣菜店の家庭的な雰囲気に。
 
売り手は特に何の意図もないんだろうけど。
 
もちろん、全部の店がそんな事をするとは思わないけど、ただほとんどの店がそれほど真っ当なものを調理してはいないんじゃないかな?
 
なんちゃら弁当とか大手の弁当チェーンとかも、みんなその場で作られてるからコンビニより健康的って思って買ってるかもだけど、恐らく殆ど変わらないレベル。。。
 
正しい食材を選んできちんと自分の家で調理して食べる。
 
これが一番。
 
特に子供に食べさせるものはね。
愛情込めて手間暇かけて作ったものを食べさせる。
 
それが愛。
 
 

スポンサーリンク